YEAR

2020年

  • 2020-02-19

運動はいつやっても健康的?運動に適した時間とは

定期的な運動はしていますか?冬の間は寒いこともありしていなかったという方も、春が近づくにつれて少しずつ身体を動かさないと、といった気持になります。週末にマラソンをしたり、平日でも定期的にジムに通ったりと運動にも様々な方法がありあますが、皆さんどのタイミングで運動をしていますか?早起きが得意な方は早朝に行うという方もいるでしょう。そうでない場合、仕事の合間といっても昼休みでは難しいので、帰宅途中や就 […]

  • 2020-02-12

十分な栄養摂取は、不眠対策になる?

ヒトは食事をしてエネルギーを摂取し、このエネルギーで体を動かしています。このことをよく分かっていても、深く意識している人は少ないかもしれません。 ヒトが身体を動かすということは、筋肉の収縮が必要になります。そして、この収縮には、エネルギーが必要になります。筋肉の収縮に使用されるエネルギーは、ATP(アデノシン三リン酸)の分解によって得られています。車は、電気やガソリンをエネルギー源にしてモーターや […]

  • 2020-02-04

日本人は寝ていない?世界各地の睡眠事情

睡眠は重要と分かっていても、仕事で連日帰りがどうしても遅くなるといった自分ではどうにもできない要因や、スマホやテレビを見てしまうといった要因で、どうしても眠る時間が遅くなり、睡眠時間が短くなりがちな方多いですよね。 睡眠時間の国際比較によく使われる経済協力開発機構(OECD)の統計(Gender Data Portal 2019)には、世界33カ国の1日に睡眠に費やす平均時間が掲載されています。そ […]

  • 2020-01-30

眠るのが仕事!子供の睡眠の重要性

日本は世界の中でも短いということは、様々なメディアで話題となっています。経済協力開発機構(OECD)の調査では、加盟国の平均睡眠時間よりも1時間近く短い約7時間半ほどという結果が出ています。睡眠不足は脳の働きに影響し、仕事の効率が悪くなったり、健康にも害を及ぼすなど、様々な影響があることは当ブログでも度々述べています。 さて、子供は大人よりも長く眠る必要があります。生後0-3カ月の新生児は14~1 […]

  • 2020-01-28

休養ってなんだろう

前回、疲労を二つに分けて説明しました。一つは、「質的・量的な精神・身体の能力低下状態」、そしてもう一つは、「心理的な疲労感」。やりがいや達成感などの心理的影響が本来の疲労している感覚をマスキングしてしまうことをご説明しました。身体の限界まで活動し、時には過労死のような悲劇的なケースは、疲労感をマスキングされた状態と、身体・精神的能力の低下状態との乖離によるものであることもご説明しました。また、この […]

  • 2020-01-21

眠るときに最適な服装とは?

外出するときと家の中で過ごすときの服装を分けている人は多いですよね?仕事に行く際はジャケットなどに合う少しフォーマル感のある格好で、家に帰るとTシャツやジャージなど楽な恰好に着替えます。服装を変えることで、身体的なリラックスだけでなく気持ちの切り替えにもなります。 では、夜に眠るときにはどのような服装が適してるのでしょうか? 眠る際の洋服といえばパジャマですが、ある調査では約6割の人が部屋着やジャ […]

  • 2020-01-14

自分の疲労の度合いを知る

「疲労」は身体が発しているSOS信号、そして「疲労」は身体的・精神的な質的・量的能力の低下状態でリカバリーの必要性が年々高まっていることを前回書きました。 疲労に対して科学的な研究の歴史を振り返ると、始まりは19世紀末イタリアの生理学者モッソという人物までさかのぼります。モッソが自身の研究を基に「疲労」というタイトルの本を出版したのは、いまから約130年前です。疲労の研究は、1世紀ほどの浅い歴史な […]