MONTH

2019年3月

  • 2019-03-29

快適睡眠と早起きのコツとは

朝早起きがつらい、夜中何度も目が覚めてしまう、どんなに寝ても疲れが取れずいつも身体がだるい、日中のパフォーマンスが上がらない。忙しいビジネスマンには頭の痛い悩みではないでしょうか。夜、帰宅中の電車の中でうとうと寝てしまったり、平日寝られない分、土日に時間を問わずまとめて寝だめをする人も多いかと思います。しかしながら夕方以降の仮眠や寝だめは却って睡眠の質を下げてしまう行為です。快適な睡眠のためには日中はよく体を動かして体温を上げておき、17時以降に徐々に下げていくことが質の良い睡眠を得るキーポイントです。眠気は脳や内臓の温度である深部体温が...

  • 2019-03-27

花冷えに注意。春の冷え対策

気象庁が3月27日、東京のソメイヨシノが満開になったと発表しました。平年より7日早く、昨年よりも3日遅いそうです。お花見の予定を今週末に設定している人も多いはず。桜はすぐに散ってしまうので、あと数日綺麗な状態を何とか保って欲しいですね。さて、春のこの時期は一年の中で日中と夜の寒暖差が10℃以上となる日もあるくらい大きな時期です。朝晩は冬並みに寒く、昼間は暑いので何を着て出かけるか悩みます。お花見も、日向で暖かい場所を確保できてもじっと座っていると、だんだん寒くなってきて、風邪を引いてしまうとうことも多いのではないでしょうか。春は気温が上がるため、本来...

  • 2019-03-25

快眠と足ツボ

夜寝付けない時、手足が冷えて眠れないという人は意外に多いのではないでしょうか?そんな時は、第二の心臓と呼ばれる足裏のマッサージがおススメです。一般社団法人日本快眠協会 代表理事の今枝先生によると、「『眠れない人』の足の裏には大きく3つの特徴がある」とのこと。【1】真っ赤もしくは真っ白な色をしている【2】硬く、押しても刺激を感じない【3】冷たいもしくは火照っている「正常な足の裏は土ふまずがくっきり白く、きれいな肌色をしています。しかし怒りやストレスを感じているときは紫がかった赤色に、疲労が溜まっているときには真っ白な色になります。硬さについても、足の...

  • 2019-03-22

朝ごはんと快眠のつながり

皆さんは毎日、朝ごはんをしっかり食べていますか?ギリギリまで寝ていたい人、時間がない人、元から食べる習慣がない人、色々いらっしゃるかと思います。しかしながら、朝ごはんは1日の始まり、エネルギ―の源。朝ごはんはしっかりとることによって、体内にインスリンが分泌され、体内時計がリセットされます。朝、光の刺激を受けることと朝食を食べることで、眠りから覚めて、日中の活動に向かうリズムのスイッチに切り替わるのです。もし朝食をとらず、体内時計がしっかりとリセットされないでいると、身体はどうなるのでしょうか。簡単に考えられることだと、ホルモンバランスが崩れてイライラ...

  • 2019-03-20

朝型と夜型 得するのはどっち?

昔から早起きは三文の得といい、最近では朝活といった言葉も広まり、就業前の時間に運動をしたり、習い事をしたりといったことも奨励されています。学校などでも早寝早起きをしましょうと言われるなど、朝型の方が良い生活習慣で、健康にも良く、夜型はあまり良くないイメージがあります。ところが実際には、朝から元気に活動できる朝型タイプの人と、逆に夜のほうが冴えてくる夜型のタイプの人がいます。睡眠に対するアドバイスも朝の光を浴びるというように、どちらかと言うと朝を奨励するものが多いように思いますが、なぜこのように朝型と夜型タイプに分かれるのでしょうか。最近の研究では、先天的...

  • 2019-03-18

睡眠の日、世界的に注目される睡眠疾患

3月15日は世界睡眠デー(World Sleep Day)です。世界睡眠学会(The World Sleep Society)が睡眠の重要性や睡眠に対する知識などの啓蒙を目的として、毎年春分の日の前週の金曜日い制定しました。また、3月18日は「春の睡眠の日」です。こちらは睡眠健康推進機構が日本睡眠学会と制定したものです。先週、今週と様々な企業が睡眠に関する取り組みや新製品の発表を行うなど、睡眠の重要性を見直すきっかけとなっています。睡眠負債や睡眠障害など眠りに関する事は、日本だけでなく世界で問題となっています。世界保健機関(WHO)は昨年、国際疾病分類の...

  • 2019-03-15

乳酸菌と快適睡眠のカンケイ

乳酸菌といえば、お腹の調子を整えてくれるありがたい菌ですよね。他にも、免疫力の向上やアレルギーの緩和に役立つとして、食品やサプリメントにも使われています。そんな乳酸菌ですが、なんと睡眠改善の効果があるとされる菌株が発見されたとの報告があります!乳酸菌は腸ない環境を整えるものであり、睡眠とは実は全く関係なさそうに見えますが、例えば仕事で強いプレッシャーがあるとき、ストレスを感じた時に腹痛や下痢を起こすことがありますね。それは腸と脳がお互いに情報交換を行い、体の動きに影響を与えているためですが、腸内環境が悪いと脳の動きにも悪影響が起こり、自律神経の乱れへ...

  • 2019-03-13

天気予報と睡眠

洗濯に良い日を教えてくれる洗濯指数、今日は傘が必要かどうかが分かる傘指数、肌の手入れの参考になるうるおい指数などなど、気象庁は天候から分かる様々な役立ち情報を教えてくれますが、「睡眠指数」という数値まで発表していることはご存知でしょうか。日本気象協会と東北福祉大学が共同開発した指数で、昨年11月末から発表されています。睡眠指数は季節による温度や湿度の変化に対する眠りにくさを、気象情報を基に算出した数値です。このような数値が考案されるのは、天候と睡眠には密接な関係があるからです。具体的にはどのような関係があるのでしょうか。晴れた日は普通に過ごせるのに、...

  • 2019-03-08

睡眠不足は肥満の元?!

毎日ダイエットを頑張っているのに、なかなか痩せない。そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?実はそれ、睡眠不足が原因かもしれません!!食欲と睡眠の長さには、意外な関係があるのです。米コロンビア大学が2005年に行った、調査結果によると、32~59歳の男女8000人を対象に調べたところ、平均7~9時間の睡眠時間の人に比べて、4時間以下の睡眠の人の肥満率は73%も高いという数値が発表されました。また、5時間睡眠の人であっても、肥満率が50%も高いと報告されました。調査対象の32歳から59歳といえば働いていたり、子育てをしていた...

  • 2019-03-06

眠りの空間。寝室のコーディネート!

1日のなかで、家にいる時間はどこの部屋で過ごすことが多いですか?リビングでテレビなどを見ながらゆっくりしたり、自分の部屋で一人で過ごすことが多いなど、いろいろな方がいると思います。この中で、確実に全ての人が多くの時間を過ごす空間、それが「寝室」です。1日約8時間を眠りに費やすのですから、概算で寝室は人生の3分の1を過ごす部屋ということになります。このブログでも睡眠は質が大切ということを何度もお話ししていますが、狭くて散らかった部屋では質の高い睡眠は取れません。理想の寝室はどのように作ったらよいのでしょうか。寝室にはある程度の広さが必要です。ゆったりとした...