MONTH

2019年2月

  • 2019-02-28

宿泊施設での快眠サービス

ホテルにとっての最重要項目とはなんでしょうか、料理やサービス面に重点を置かれるホテルも当然あるかとは思いますが、やはり宿泊客にとってはお部屋がいかに快適であるかということが重要ではないかと思います。お部屋の快適さの中でも特に重要となるのが睡眠環境ではないかと思います、今回は各ホテルで行う快適な睡眠環境への取り組みをご紹介させていただきます。数年前から自分に合った枕を選べるホテルが出始めました、枕が変わると眠れないという方が多くいらっしゃいますが、これは気持ちの問題というだけではなく、頸椎を自分に合った角度に併せられるという点もとても重要な...

  • 2019-02-27

風邪対策のためにも睡眠

この時期はよく三寒四温という言葉を耳にします。季節の変わり目は気温の変化が激しく、体調を崩してしまう人が増えると思います。が・・・もしかすると風邪の要因は季節のせいだけではないかもしれません。最近少し寝不足が続いているという方は要注意です。数年前、米カリフォルニア大学のチームは、睡眠と風邪の関連を調べるためボランティア164人の協力を経て実験を行いました。まず被験者は2カ月にわたり、睡眠パターンや飲酒、タバコ、ストレスレベルなどの生活習慣把握のための健康診断を受けます。次に参加者は指定されたホテルへ滞在し、風邪ウイルスを点鼻剤で投与。ウイルスが定着したか...

  • 2019-02-22

睡眠薬にも劣らない?香が持つチカラとは。

好きな香をかぐと、自然と気持ちが安らいだり、緊張がほぐれたりこんな経験をしたことがある人は多いと思います。香りには、人間の心理状態を変える働きがあります。より良い睡眠を得るには、眠るときにリラックスしていることが大切で、それには香りを上手に使うことが効果的です。代表的な香といえば、次の2つがあります。・ラベンダー英・ロンドンの老人病院での研究では、睡眠薬を常用している患者にラベンダーの香りを嗅いでもらったところ睡眠薬なしでも眠りが深くなり、深夜の徘徊がなくなったという報告があります。さらに、入居者の方々は、日中の眠気は減り、メリハリのある一日を送...

  • 2019-02-20

ウトウトする季節。春の睡眠対策

急に暖かくなったり、まだ寒い日が残っていたりと気温の変化が激しい時期になりました。暦のうえではもう春。日照時間も少しずつ伸びてきて朝目覚めやすくなるはず・・・と思いますが、陽気のせいか春は昼間にウトウトしやすい季節ではないですか?そこで、今回は春の睡眠対策を見ていきましょう。初めに、春はよく眠れるという方。原因はやはり暖かい気候に関係します。昼夜の区別もハッキリしてきて、日中の気温の上がってきます。睡眠時は、体内の温度を下げる必要がありますが、外気が暖かい分、体も温まり体温調整のため体も熱を放出しやすくなるため、結果として質の良い睡眠がとりやすくなるので...

  • 2019-02-18

眠気に襲われた時の対処法!

昼間に急に眠くなってしまう病気にはナルコレプシーや仮眠症などの症例があります、特にナルコレプシーは、耐えられない強い眠気がおこって、突然に眠りこんでしまう「睡眠発作」をともなうこともありますが、多くの場合、緊張が強ければ何とか耐えられるくらいの眠さです。「昼間に眠ってしまうことは、電車で座っているとき、退屈な授業や、発言の機会のない会議中など、健康な人でも眠くなる状況ではいっそうおこりやすいので、周囲の人から『たるんでいる』などと誤解されがちです。しかし、ナルコレプシーの場合、試験中や重要な商談中、自動車の運転中などにもおこり、これが職業上の失敗...

  • 2019-02-15

睡眠と美容のカンケイ

「睡眠美活」という言葉をご存知ですか?女性なら誰でも、実際の年齢以上に「見た目年齢」が気になるところ。肌のハリや髪の艶など・・・ケアしたいのに仕事や家事が忙しくてとても時間が取れないという女性は多いですよね。そんな中、株式会社マンダムは睡眠の力に着目し、「誰にでもある睡眠時間を美容のために有効活用しいましょう」「眠りには体の内側から女性をキレイにする力があることを知ってほしい」と、睡眠を有効活用した新しい美容習慣「睡眠美活」を提唱しました。なぜ、睡眠は美容に良いのでしょうか。女性ホルモン?と思いきや、実は睡眠中に分泌される「成長ホルモン」が...

  • 2019-02-13

うつぶせ寝 VS 仰向き寝 寝るときに正しい姿勢は?

座っているときは背筋を伸ばすなど、正しい姿勢がありますが、眠るときに正しい姿勢はあるのでしょうか。眠るときの姿勢は大きく分けて3種類、お腹を下に向けるうつぶせ、上に向ける仰向き、身体を左右どちらかへ向ける横向きがあります。イメージとしては、仰向き寝が正しい寝方という気がしますが、布団に入ったときに、咄嗟にどちらを向くかという意味では、小さい頃からの習慣や癖など、それぞれの人の寝心地の良い姿勢は変わってきそうです。まず、うつぶせの姿勢で寝ると、呼吸が楽になると言われています。これは、胸が圧迫されて横隔膜が下がり下腹がふくらむことから腹式呼吸がしやすくなるた...

  • 2019-02-11

身体にあった寝具を選ぶ重要性

朝起きた時に疲れている、背中や腰が痛い、など睡眠時におこるこれらの問題への改善方法にはなにがあるのでしょうか。就寝前の過度な飲酒や寝違えなどのライフスタイルでの改善方法か、自分の体にあったベッドやマットレス、枕などの寝具を変えるやり方の2通りが考えやすいところだと思いますが、今回は寝具選びの観点から改善方法を紹介していきます。ただし、寝具選びといっても単純に体にあったベッド、マットレス、枕を選びましょう、という観点ではなく、いかに寝返りを打ちやすいか。この点での寝具選びをお話します。「寝返り」が多い人は寝相が悪いということで単純にマイ...

  • 2019-02-08

不眠症の人でも飲めるコーヒーって?

夜、なかなか寝つけない、睡眠が浅い、疲れが取れない…。コーヒーや紅茶、緑茶などのカフェイン飲料を寝る前に摂取すると、カフェインの覚醒作用で眠れなくなることから、できるだけ控えることが推奨されていますよね。そのためコーヒー好きなのに、夕方以降になると大好きなコーヒーを諦めている人も多いのではないでしょうか。。飲みたいのに飲めない。ぐっすり眠るために制限されると、却ってストレスがたまってしまうものです。そんなときは、コーヒー好きでも我慢しなくていいデカフェコーヒーというものがあるのです!デカフェコーヒーとは、本来カフェインが入っているコーヒー...

  • 2019-02-06

花粉症で睡眠不足・・・悪化を防ぐには

寒い日が続いていますが、暦の上では少しずつ春が近づいています。そろそろ、花粉のことを気にし始める人もいるのではないでしょうか。睡眠不足も社会問題となっていますが、春の花粉症も何年も前から国民的な病気と言われています。日本気象協会は、2019年春の花粉飛散量について例年よりも多いと予測しています。昨年まで問題なかった方も、気を付けた方が良いかもしれません。春花粉症の一番の原因であるスギは1月から少しずつ花粉を飛ばし始めているそうです。これが、東京では3月上旬から4月上旬ごろにピークを迎え、5月連休のころに終息します。花粉に苦しむこのシーズン、同時に寝不足...